スポンサーリンク

沖縄のビーチの天気!冴えないときの遊び方

どんより曇った沖縄のビーチ

どんより曇った沖縄のビーチ

沖縄に行くことに決めた!

航空券や宿の予約も完了。

あとは、ワクワクしながら、
出発当日を待つばかり。

いいですよね〜!

浜に置かれた色とりどりのカヤック

浜に置かれた色とりどりのカヤック

沖縄旅行を計画して、予約した
段階で心はすでに旅気分〜♪

満を持して行った沖縄。

できるだけ、たのしみたいですよね!

でも、実は、せっかく行ったのに
イマイチ満足できない。

ビーチで風にたなびくフラッグ

曇りの日はどんな色も冴えません

場合によっては、がっかりして
帰って来ざるを得ない。

そんなことにもなっちゃいます。

残念ながらあなたの力では
変えることができません。

それは、なにかというと、

「天気」なんです!

曇りの日のビーチ

曇りの日の海の色の鮮やかさは晴れの日の2割程度

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

沖縄には白い砂浜が数多く見られます
なぜ、白いんでしょうか?

1)白い砂が堆積しているから
2)石灰質のものが多いから
3)太陽の光によって白化するから

スポンサーリンク

沖縄のビーチで天気がイマイチのときの遊び方

整然と並べられたテトラポット

整然と並べられたテトラポット

ボランちゅは、沖縄ビーチマニア。

本島、離島、さまざまなビーチに
数え切れないほど行っています。

同じビーチでも、その日の天気に
よって表情はまったく変わりますよ!

晴れていれば、すばらしく綺麗な色
の海を目撃することができます♪

晴れた日の座間味島の古座間味ビーチ

透明度の高い座間味島の古座間味ビーチ

ビーチで過ごしても水の中で遊んでも
なにをしてもたのしめます♪

でも雨が降ったら、そもそもビーチに
留まりたくありません。

曇りの日でも、空はもちろん、
海の色だって冴えません。

曇りの日のビーチ

気持ちはどうしても沈みがちに
なっちゃうんですよね。

「じゃあ、天気を変えればいい!」

と思っても、神様じゃありません。

そんなことは当然できませんよね。

そこで今回は、曇りの日のビーチは、
どうやって過ごしたらいいのか?

4つ提案することにしますね。

その1)ひたすら寝る

ビーチに寝そべるボランちゅ

ビーチに寝そべるボランちゅ

まずは、なにも考えずに誰でも
できることから。

それは、「寝る」ことです!

ビーチパラソルやチェアを借りても、
ボランちゅのように、なんとか
木陰を探し出してシートを敷いて
その上に寝転んでもかまいません。

波の音を子守唄に、なにもかも忘れて
ゆっくりしてみましょう!

ビーチに面した洞窟の中でくつろぐボランちゅ

洞窟があると影の中で1日中くつろげます

寝てしまえば、天気のことは
あまり気にならなくなりますよ。

そもそも、くつろぐために沖縄へ
行くはずなのに、みんな動き過ぎ!

確かに、観光地やアクティビティ、
グルメを楽しむのもたのしい。

でも、スケジュールをびっしり組んで
動き回って、最後クタクタになって
帰る人を見ていると、「なんだかな〜」
って思っちゃうんですよね。

その2)読書

電子書籍でビーチ読書

大量の本が入る電子書籍は旅の必需品

ビーチで紙の本を読んでいるボランちゅ

紙の本も読みますよ!

ビーチでの読書はすでに人気ですね。

特に外国人の方々は、海に入らずに、
一日中、ビーチチェアに横たわって
持ってきた本を読んでいたりします。

もちろん、晴天のほうが気持ちは
弾みます。ワクワクすることは
間違いありません。

エアクッションでビーチ読書

エアクッションでビーチ読書!もいいですね

でも日差しが強いと、本のページが
見えづらかったり、気温が高いと
暑過ぎちゃうんですね。

ダルくなって、思うようにページが
進まない!なんてことも起こります。

その点、曇りだと、晴れたときの
高揚感は抑えられちゃう反面、

読書効率として考えてみると、
かえってよかったりするんですね♪

その3)サンゴや石を観察

枝サンゴのかたまり

枝サンゴのかたまり

緑色だったらブロッコリーっぽい浜で見つけたサンゴ

緑色だったらブロッコリーっぽい!?

シュノーケルをやるために、沖縄のビーチ
へ行く人も大勢いることでしょう!

曇りの日でもシュノーケルはできます。

でも、晴れてる日と比べると、イマイチ、
テンションが上がらないんですよね。

プロレスラーの仮面のようなサンゴ

プロレスラーの仮面のようにも見えますね

光の量が少ないと、当然、海の中の明るさ
も減ってしまうんです。

熱帯魚やサンゴの色の鮮やかさは
どうしても損なわれちゃうんですね。

季節によっては、海から上がったとき、
「寒い〜!」なんて叫んじゃう日も出て
くるんですよ。

浜の海藻

距離の置いて対峙する海藻

距離の置いて対峙する海藻

そこで、発想の転換!

足元に目をやってみましょう!

白化したサンゴ、石、ヤドカリ、落ち葉、
流木、生えている植物、漂流ゴミなど。

ビーチではさまざまなものを
目撃することができるんです。

岩に張り付くアオサ

サンゴに張り付くアオサ

アオサの生命力の強さを感じます!

同じ白化サンゴでも、枝サンゴばかり
だったり、ゴロッとした大きなテーブル
サンゴが横たわっていたりと、ビーチごと
にまったく異なった様相なんですね。

等高線状の筋が付いている岩

等高線状の筋が付いている岩

穴がびっしりあるサンゴ

プチプチと同じようについ気になっちゃいますね!

砂に埋もれて一部だけ顔を出しているサンゴ

砂に隠れている部分はどのくらいあるのかな?

じっくり見つめていると、人の顔を
連想したり、配置のバランスを美しく
感じたり、おもしろくなって来るんです♪

物語を感じさせるようなサンゴと石の配置

物語を感じさせるような枯葉とサンゴ、石の配置

ちょっと昆虫のようにも見える石

ちょっと昆虫のようにも見えますね

構図を考えて写真を撮ってもいいですし、
ただぼんやり眺めながら、アレコレ想像
の翼を羽ばたかせてみるのもアリですよ!

その4)ビーチアートに挑戦!

ビーチアート作品 タイトル「おい、大丈夫か?」

作品タイトル「おい、大丈夫か?」

ビーチアート作品 タイトル「サーファー」

作品タイトル「サーファー」

これは、ボランちゅが、サンゴや石を観察
しているうちに始めたオブジェの制作。

ビーチで見つけたものをコラージュの要領で
組み合わせたりしているうちに、おもしろく
なってシリーズ化して作ってるものです。

今では沖縄へ行く目的の1つになりました。

詳しくは、この記事をご覧くださいね!

ボランちゅの「まとめ」!

西表島/船浮 朝日

西表島/船浮 朝日

「沖縄へ行って満足して帰ってこれるか?」

実はコレ、いる間の天気次第でガラッ
と変わっちゃうんです!

せっかく1年前から計画して行ったのに
ずっと雨が降っていて海に行けなかった(涙)。

そんなことも珍しくないんですよ。

西表島/船浮 曇から射す光

西表島/船浮 曇から射す光

沖縄の天気はよく変わります。

比率としては、カラッと晴れるよりも
曇りの日のほうが多いぐらいですね。

ですから、曇りの日でも楽しめること
を知っておくことは大切なのです。

ビーチアート作品 タイトル「ストレッチ」

作品タイトル「ストレッチ」

ここに書いたビーチでの過ごし方は、
あくまでボランちゅ流。

参考にして、あなた自身のユニークな
過ごし方を考えてみてくださいね♪

*クイズの答え

2)石灰質のものが多いから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする