スポンサーリンク

沖縄 国頭村森林公園!亜熱帯植物ジャングル探検記

森林公園の亜熱帯植物

森林公園では、多くの亜熱帯植物を観ることができます!

沖縄本島「やんばる」と呼ばれる
北部にある国頭村。

ここは、美しいオクマビーチへはもちろん、
本土ではなかなか見ることのできない、
亜熱帯植物が覆い茂る「やんばるの森」へも
集落から徒歩20分程度で行けちゃいます。

国頭森林公園の案内図

国頭森林公園の案内図

沖縄本島の中でも、特に自然環境に
恵まれている地域と言ってもいいんじゃ
ないでしょうか。

ボランちゅは、1月から2月にかけて、
1ヶ月間「やんばるホステル」に滞在。

オクマビーチへはほぼ毎日、
森林公園へは、3度足を運びました♪

スポンサーリンク

日本で1番早く咲く沖縄の桜!

緋寒桜

緋寒桜

森林公園へは、曲がりくねった坂道を
1歩1歩、登って行きましたよ。

ほとんどの人は車で行きますね〜

ボランちゅは自宅にいるときは、ほぼ毎日、
1時間程度は近所を歩いています。

片道30分程度歩くことは日常。

若い葉と枯れ葉が市松模様のようになっている斜面

若い葉と枯れ葉が市松模様のようになっている斜面

特に森林公園のように景色のいい場所は、
のんびり歩くのには最適ですね♪

行ったのは1月の下旬。
北風が強く曇りの日が多い気候。

でも、もう桜が咲いていたんですね!

沖縄の桜は「緋寒桜」と呼ばれています。

緑色の山の中のピンクの桜の花

緑色の山にピンクの桜の花!映えますね〜

薄ピンク色のソメイヨシノの花びらを
見慣れているボランちゅの目には、
この桜の花びらは、やけに濃く映りましたね〜

あとで宿のスタッフに聴いてみたところ、
沖縄では本土のように、桜が咲くと人々が
集まって宴会をする、いわゆる「お花見」
の習慣はないようなんですよ。

海をバックに立つヒカゲヘゴ

ちょっとくたびれているヒカゲヘゴ

15分ほど登ると、なんのために置いて
あるのかわからないテーブルがある
休憩所のような場所があらわれました。

ここで、携帯したペットボトルから
水を飲んで、ちょっと一休み。

森林公園へ行く途中の道から見た海と集落の風景

森林公園へ行く途中の道から見た風景

眼下に顔を向けると、国頭の集落を挟んで
遠くまで海が見渡せるすばらしい風景が
広がっていましたよ〜♪

憩いの小道から亜熱帯ジャングルへ!

鬱蒼とした森

鬱蒼とした森が広がっています!

森林公園の入り口に着いて、
その先を少し進んで行きました。

道の右側に下りの階段を発見!

「憩いの小道」と書かれた木の標識があります。

木立に這う蔓

巨大なコブの塊のような樹木

慈しみ合うように出てきたヒカゲヘゴの芽

森には、さまざまな形態の植物たちが棲息しています

普段住んでいるところでも、
路地探検大好きな、ボランちゅ!

好奇心をそそられる気配を感じる脇道は、
即入ってみたくなっちゃうんですね〜

「見る前に飛べ!」じゃないですが、
「考える前にまずやってみる」タイプ。

森林公園のジャングル

ヒカゲヘゴ

ヒカゲヘゴ

ヒカゲヘゴはたくさんありましたよ!

丸太で作られた狭い階段を降りて行くと、
そこは、鬱蒼とした植物たちの生息地!

シダ類や、天高くそびえるヒカゲヘゴなど、
植生が本土の森とは明らかに違うのがわかります。

倒木に群がるキノコ

「ハブに注意」と書かれた看板

ハブにはまだ遭遇してませんが、したくないですね〜

亜熱帯植物が繁茂する、冒険映画に
出て来そうな、まさにジャングル!

日本の中では、沖縄に来なければ
味わうことができない空間ですね♪

辺土名湖畔は静寂に包まれた癒し空間

辺土名湖畔の橋

辺土名湖畔の橋

「水辺の憩いの道」の道標

「水辺の憩いの道」の道標

森林公園の中でもう1つぜひ訪れてほしい
ボランちゅおすすめの散策コースがありますよ。

それは、辺土名湖畔にある遊歩道です!

「水の癒し」と書かれた板

「水の癒し」と書かれた板

森林公園の舗装されたメインの道を
歩いているだけでは、この森に湖が
あるのなんて気が付きません。

ツリーハウス

ツリーハウス

道沿いに建つツリーハウスがあります。
その手前に右手に降りる脇道があります。

森林に囲まれた小道を降りて行くと、
目の前に湖があらわれます。

辺土名湖畔

辺土名湖畔

辺土名湖畔

静寂に包まれた自然空間の中で
鴨たちが優雅に泳いでいる風景を
見られますよ♪

さらに歩いて行くと、湖を跨ぐかたちで、
木の橋がかかっています。

赤い花

緑の葉っぱに、まっ赤な花が映えますね〜

橋の上からが、すばらしい眺望!
手付かずの自然が広がっている湖を
見渡せるベストスポットなんですね〜♪

ヤンバルクイナは目撃できず

やんばるくいなが描かれた「とび出し注意」の看板

やんばるくいな!見たかったな〜

この森林公園一帯は、天然記念物の
「ヤンバルクイナ」がいるとされる地域。

残念ながら、ボランちゅは森林公園では
目撃することはできませんでした。

でも、オクマビーチに行ったときに、砂浜を
すごい速さで歩き回る小さな鳥がいたんです!

森林公園の見晴台からの景色

森林公園の見晴台からの景色

思わず、ヤンバルクイナを目撃したと思い、
帰りに寄った地元の商店の方に話したら・・・

「お腹、白くなかった?」

と聞かれたんですね。

確かに、忙しく動き回る脚の上に存在した
お腹の色は白かった記憶があります。

フクロウのイラストと「山火事予防」と書かれたポスター

朽ちたポスターが景色に馴染んでいますね〜

ボランちゅが目撃したのは「ハラシロクイナ」!

「クイナ」の仲間には違いないんだけど、
「ヤンバルクイナ」ではないんだそうです。

「ヤンバルクイナ」は、地元の人でも
滅多に見られないんだそうですよ〜

大勢の観光客が訪れるビーチで、
ちょこちょこ動き回っているわけはない
ってことなんですね〜笑

残念

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする