スポンサーリンク

沖縄の島巡りの方法!ベストアイランドを見つけよう

沖縄の島を巡りたい!

本島の観光地を回るのもいいですね!

でも、やっぱり沖縄の魅力は、美しい
サンゴ礁の海に囲まれた離島!

そして、離島といえば、八重山諸島。

大小合わせて、8つの有人島があります。

石垣島の離島ターミナルから各島へ出て
いる高速船やフェリーで行けるんですね。

その気になれば、1日でたくさんの島を
回るアイランドホッピング(島巡り)が
できるんですよ〜♪

しかし初めてだと、どの島に行けばいい
のか、よくわかりませんよね!

石垣島で、八重山のほかの離島は1つも
回らずに帰るという青年に会ったことが
あります。

せっかく八重山に行くんです♪

石垣島以外の離島の1つか2つぐらいは
訪れてもらいたいですよね。

そこで、どの島にどんなふうに回るのが
いいのか、考えてみることにしました!

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

八重山諸島ではない島が紛れ込んで
います。どれでしょうか?

3択です!

1)西表島
2)与那国島
3)多良間島

スポンサーリンク

沖縄の島巡りでお気に入りの離島を見つける!

インターネットやガイドブックを見れば
島ごとの写真を見たり、どんな観光スポット
があるかはわかります。

島巡りのモデルコースが載っていたりも
するんですね。

探そうと思えばいくらでも情報が出てくる
ネット時代のステキなところですよね♪

人それぞれ島の印象は異なる

でも、ちょっと待ってください!

調べただけでわかった気になって、それで
決めてしまっていいものなんでしょうか?

旅のおもしろさは、未知の土地へ行くこと
で、日常では体験できない感動的な風景や
刺激的な人々に出会うこと!

その感じ方はみんな同じではありません。

100人いれば、100人の印象はそれぞれ
違うはずですよね。

ですから、できればすべての島を回って
欲しいんです!

その中からあなたのお気に入りの島を
見つけてみましょう。

何度でも訪れたいと思えるような島を♪

1日に回るのは2島にしておく!

1日に4島も5島も回るツアーがあります。

船やバスに乗る時刻がすべて決まっていて、
分刻みで参加者が移動するものです。

一見、八重山の島を一通り回れるんで、
合理的でよさそうに思いますよね。

でも、どうでしょうか?

たとえば学校の修学旅行で、京都のお寺
を忙しく回ったときと似てませんか?

みんなのあとに付いてトボトボ歩いて、
終わったら、何を見たのか、なんにも
印象に残っていなかった!

実はこういうツアーって、そんなことに
なりがちなんですね。

あなたの知らない誰かがつくったツアー
ではなく、アレコレ悩みながらも、
あなたが決めた計画で巡ってみましょう!

経験上、1つの島に最低3時間は滞在
しないと、ただ、行って帰ってきた記憶
が残るだけになっちゃいます。

そうすると、移動時間も加えると、
1日に回れるのは、せいぜい多くて
2島ぐらいじゃないでしょうか?

八重山諸島、組み合わせプラン

では、具体的にどの島とどの島を組み
合わせれば、余裕を持って巡れるのか?

ボランちゅがプランを考えてみました!

2島の組み合わせと、単独で行くべき島
に分けてみました。

竹富島×黒島

竹富島は石垣島から15分で行けます。

高速船は頻繁に往復しているので、
朝イチから行ってみてください!

お昼過ぎに一旦石垣島に戻って船を乗り
換えて黒島へ!

夕方には石垣島に帰ります。

竹富島×小浜島

黒島を小浜島に替えたバージョンですね。

黒島×小浜島

午前中に黒島。石垣島に戻って、お昼過ぎ
から小浜島に向かいます。

西表島

西表島は、アクティビティに向いている島!

ほかの島と組み合わせると忙し過ぎて、
余裕がなくなります。

トレッキングやカヌー、カヤックなど、
まる1日、大自然の中でじっくり体験
してみることにしましょう!

鳩間島

船の本数が少なく、欠航も多い鳩間島。

とても小さな島で歩いて回れるのが魅力!
できれば1泊してほしい島ですよ。

波照間島

外洋にあるため、内海にあるほかの島の
船が運行していても、欠航になってしまう
ことがしばしば起こるんですね。

最低1泊は必要です!

できれば、予備日を設けておきたいところ。

与那国島

与那国島は、飛行機かフェリーで行けます。

でも、本数が少ないため、やはり1泊は
必要なんですね!

すべての島に泊まってみる!

天候に恵まれて欠航がなければの話に
なりますが、すべて巡るには、8日は
必要でしょうかね!

約1週間の旅行で、八重山諸島をすべて
巡ってみるか、それとも、2、3回に
分けるのか?

あなたの取れる旅行日数によって
変わって来ますね。

それぞれ違う個性を持ってる8つの島。

できれば、すべての島に泊まってみて
欲しいのです。

夕焼けや夜の星空、朝焼けを比較すると
島ごとの違いがわかりやすいですよ♪

ボランちゅの「まとめ」!

一人旅同士が交流しやすいゲストハウス
や民宿に泊まると、ゆんたくのときに、
どこの島がいいとか、好きなんだとか、
そんな話題がしばしば出ます。

その中に、必ず1人や2人は、ボランちゅ
のように、年に何回も沖縄に行ってる
沖縄病の人がいるはずです。

リピーターの間でよく話題に上ったり、
おすすめする人の多い島なら、行ってみる
価値はあると見てもいいでしょうね♪

八重山の島々の魅力に取り憑かれて、
毎年通ってる人は数知れずいます。

何年かかってもかまいません!

あなたにとっての、ベストアイランドを
見つけてみてくださいね♪

*クイズの答え:3)多良間島

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする