スポンサーリンク

国際通りのゲストハウス!ワイズキャビン&ホテルに泊まった

ワイズキャビンのフロント

ワイズキャビンのフロント

那覇 国際通り直近!綺麗なゲストハウス

「ワイズキャビン&ホテル」に
泊まってみました♪

このところ、沖縄一人旅のコミュニティ
で話題のゲストハウスがあるんです!

それは、

エントランス

国際通りから路地を少し入ったところにあります

「ワイズキャビン&ホテル」

ここは、ホテルとホステル(ゲストハウス)
が一緒になっている宿泊施設なんですね!

泊まった人の評判がいいので、ボランちゅは、
秋の沖縄滞在最終日に、ホステルのほうに
泊まってみました!

入り口右手にあるシューズロッカー

入り口右手にあるシューズロッカー

その感想を書いてみますね。

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

那覇空港の隣で、離発着する飛行機を
見ながら入れる「琉球温泉」!

なんという島にあるのでしょうか?

3択です!

1)瀬長島
2)瀬底島
3)奥武島

スポンサーリンク

国際通り直近ゲストハウス!ワイズキャビン&ホテルの特徴

大浴場&サウナ付き!

大浴場入り口の暖簾

大浴場入り口の暖簾

なんといっても嬉しいのは、ゲストハウス
なのに、大浴場とサウナに入れること!

沖縄のゲストハウスにある浴室は、
1人入ると、それだけで一杯になって
しまう狭いシャワー室がほとんど。

ところがワイズキャビンには、なんと、
銭湯クラスの大浴場があるんですね♪

しかも、サウナ付き。

広くて充実している施設です♪

2階の案内表示

2階の案内表示

これは旅行者には嬉しいですよね♪

本土からくる旅行客はシャワーだけで
済ます入浴には慣れていません。

旅に出ても、いや、旅だからこそ、湯船
にゆっくり浸かって、その日の疲れを
癒したいものなんじゃないでしょうか?

ここは、そんな欲求をゲストハウス料金
のみで満たしてくれちゃうんです♪

レンタル用枕の棚

枕やアイロンが自由にレンタルできます

枕やアイロンが自由にレンタルできます

残念ながら、浴室内は撮影禁止。
写真はありません。

ここで、アンケートをとってみましょう!

Aの宿:3,000円払って、シャワーのみ。

Bの宿:ほとんど変わらない料金で
大浴場とサウナ付き。

さあ、あなたはどちらを選びますか?

大浴場を設けるとなると、ゲストハウス
単独ではなかなかむずかしいでしょう。

ホテル併設だから使える施設ですね。

那覇にはたくさんのゲストハウスが
ありますね。最近は、キャビン形式の宿
が増えているんですね。

でも、大浴場とサウナに入れるところは、
おそらく今のところ、ワイズキャビンだけ
ではないでしょうか?

今後これが、宿を選ぶのときの1つの
ポイントになって行く気もしますね♪

最新の設備

フロント

カードキーはフロントで発行されます

ワイズキャビンには、最新の設備が
揃っています。

カードキー

フロアガイド看板

フロアガイド

まず受付から、今までの宿とは違いました!

名前や住所などの必要事項を書くのは、
どこでも同じです。

でもそのあと、受付のスタッフが機械
を操作するんですね。

すると、あっという間に、それさえ
あれば館内を自由に出入りできる
ボランちゅ専用のカードキー発行!

洗面所

洗面所

ひも付きのカードケースに入れて、
首から下げました。

これをかざせば、指定されたベッドの
ある部屋や浴室のドアなどが開き、
入ることができるんです♪

近い将来は、カードキーではなく、
指紋認証や顔認証の宿が出てくる
のも時間の問題でしょうね。

キャビン

「ワイズキャビン」のキャビンルーム

「ワイズキャビン」のキャビンルーム

この宿の名称にも付いていますが、
いつの間にか、「キャビン」という言葉
が浸透してきたようです。

ゲストハウスで、相部屋を「ドミトリー」
と呼んでいます。

布団を並べて寝る宿もあります。

キャビンルーム

明るさを抑えたキャビンルーム

でも、ほとんどは2段ベッドを使って
いるんですね。

キャビンも相部屋です。

ただちょっと違うのは、四方を板などで
囲み、ドミトリーよりも機密性を増して
いるんです。

より個室に近づけたものになっていると
でも表現したらいいでしょうか。

キャビン内 頭のあたり

キャビン内 頭のあたり

カプセルホテルと似ていますね。

ワイズキャビンのキャビンには、最新
の設備が備わっていますよ。

ボランちゅが寝る、上段のキャビンの
ロールカーテンを開けてみました。

バスタオルとフェイスタオル。そして、
館内着まで置いてありましたよ♪

まさしく、ホテル仕様ですね!

テレビは付属のヘッドフォンで観ます

テレビは付属のヘッドフォンで観ます

キャビン内の荷物入れ

機内持ち込み手荷物程度ならスッポリ!

そして、右側の壁のくぼみには、24インチ
の液晶テレビ。

その横には鍵付きのクローゼットも
付いていて、リュックも入るんですよ!

ライトは、天井と枕元にある間接照明。

調光ダイヤル、ルーフライトボタン、ファンボタン、コンセント、USB充電口

調光ダイヤルやファン、コンセント、USB充電口

間接照明は、調光ボタンで光の量を
調節できるようになっているんですね。

コンセントの横には、USB電源も
付いていましたよ!

今は、USBから電力をとる電気製品も
少なくありません。これは助かりますね♪

荷物置き場

トランク収納スペース

チェーンロックを借りてパイプに繋ぎます

部屋の自動ドアを開けると、最初に
荷物置き場が目に入ります。

ベッドのクローゼットに入らない
大きな荷物、スーツケースなどは
ここに置くことができるんですね。

受付で申し込めば、盗難防止用の
チェーンを貸してもらえますよ。

それを使えば、金属のパイプに
繋ぐことができるわけです♪

レストラン&ラウンジ

ワイズキャビンは、キャビン以外の
共用スペースも充実しています!

レストラン

レストランの様子

ドリンク類はセルフサービス

ボランちゅは、Booking.comの
割引で予約。

素泊まりで、3,000円でしたよ♪

朝食は付けなかったので、レストランは、
もっぱら、パソコン作業用に使いました!

しかし、レストランは食事をする空間。

ネットカフェのように、電源はたくさん
ありません。使えるコンセントは、ごく
限られたものしかありませんでした。

レストランに置かれている、ミルク、オレンジジュース、さんぴん茶、水

ミルク、オレンジジュース、さんぴん茶、水から選べます

そこで、ボランちゅは、こっそり給湯器
のコードを抜いて、パソコンの電源を
つないじゃたんです。

そしたらしばらくして、カップ麺にお湯
を注ぐためにやって来た人がいました。

慌ててコードをつなぎ直しましたね(笑)

しかし、実は受付の横に、席ごとに電源
がある作業用デスクがあったんですね!

それを見つけたのは、チェックアウト直前
のことだったんです。(笑)

あ、レストラン自体は居心地いいですよ♪

トースト、ウィンナー、卵焼き、サラダの朝食

トースト、ウィンナー、卵焼き、サラダの朝食

翌年、2度目に泊まったときは、
朝食を付けてみました!

ラウンジ

和風ラウンジ

和風ラウンジ

大浴場がある2階のフロアには、
和風ラウンジもあります!

ここは畳敷きなので、寝転んでくつろぐ
こともできちゃうんですね♪

壁にはテレビ。

本棚には漫画も揃ってます!

和風ラウンジの漫画本の棚

漫画を寝転んで読めます!

ゴロゴロしながらスマホをいじくったり、
テレビを観たり、漫画を読んでる人が
いましたね。

温泉にある座敷みたいな雰囲気かな。

弁当などを食べるときは、レストラン
よりもここのほうが落ち着きますよ♪

ゲスト同士で交流したいときには、
ここが適してそうですよ。

ボランちゅの「まとめ」!

エントランス

エントランス

今、那覇で1番設備が整っている
ゲストハウスといえば、「ワイズキャビン」
になるでしょうね!

那覇では、デザインを凝ったおしゃれな
ゲストハウスが増えています。

でも、大浴場やサウナまで設けるとなると
ハードルはかなり高くなるはず!

コーナーにあった観葉植物

コーナーにあった観葉植物

「湯船に浸かってゆっくりしたい!」

もし、あなたが、そんなゲストハウスに
泊まりたいなら、ボランちゅは迷わず、
ワイズキャビンをおすすめしますよ♪

*クイズの答え:1)瀬長島

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする