スポンサーリンク

石垣島の米原ビーチ!枝サンゴと玉虫色に輝く海辺

波際を楽しそうに歩いていた外国人親子

波際を楽しそうに歩いていた外国人親子

沖縄の離島といえば、まず、
「石垣島」を挙げる人が
多いんじゃないでしょうか?

でも、空港に着くと、一泊、
またはそのまま港へ直行して、
竹富島や西表島など、ほかの
八重山諸島へ渡ってしまう人も
少なくないんですね〜

米原ビーチの入り口

米原ビーチの入り口

ボランちゅは、石垣島には
毎年のように来ています。

でも、白保以外のビーチに
ゆっくり滞在したことは
今までなかったんですね!

そこで、今回は米原ビーチに
行ってみることにしました。

ここで、ミナオシ島クイズです!

米原ビーチにはトイレとシャワー
の施設はあるのでしょうか?

1.トイレだけある
2.両方ある
3.両方ない

スポンサーリンク

米原ビーチ

「トミーのぱん」

「トミー」のベーコンフランスパン

「トミー」のベーコンフランスパン

今回は宿の常連が車を出してくれて
ゲストとスタッフ4人で出発!

途中というか、ビーチから少し先に
行って道を降りた、林に囲まれた場所
にパン屋がありました。

「トミーのぱん」。

すぐに売り切れてしまうという
地元で大人気の店。

さいわいこの日は、品数もけっこう
残っていたので、各々気に入ったパン
を買ってビーチに向かいました。

「トミーのぱん」お店

「トミーのぱん」お店

ボランちゅが買ったのは、しずくの形
をした切片が長くつながっているような
フランスパン。

ベーコンが散りばめられています。

水平線をバックに棒のように持って
撮影したら絵になるんじゃないかな?

そう思って撮影したのが2つ上の写真!

ちょっと炎のようにも見えませんか?

カリカリしたパンと濃厚なベーコン
が溶け合ってとっても美味なんです♪

枝珊瑚があるれる砂浜

ごろっとした白化サンゴ

ごろっとした白化サンゴ

一口でビーチと言ってもさまざま。

砂浜が真っ白だったり、石がゴロゴロ
あったり、そしてこの米原ビーチの
ように、サンゴの死骸が堆積してる
ようなビーチもあるんですね。

サンゴは死ぬと真っ白に
なっちゃいます。

実は、サンゴって白いもんだと
思い込んでる人もいるんですね。

一見石のようにも見えるサンゴの死骸。

無意識にザクザク歩いちゃってます。

でも実はこれ、死体を踏みつけてるって
ことになるんですね〜!

海の色は玉虫色

玉虫色に変わる波打ち際

玉虫色に変わる波打ち際

米原ビーチの海は、ほかの沖縄の離島
でもよく見られるように、遠浅。

サンゴ礁や岩陰が透けて見えるので
透明度が高いことがわかりますね!

ボランちゅたちは、ビーチの入り口
からずっと左手に歩いて行きました。

左端、砂浜が途切れて岩場になって
いる木陰にシートを敷くことに。

米原ビーチには日よけになる木陰があります

米原ビーチには日よけになる木陰があります

ここからは、入り口付近の砂浜から
沖にかけて続く海の色の美しい!

陽の陰陽のによって変化する
グラデーションが眺めらるのです。

ふと、「玉虫色」という言葉が
浮かんできました。

「玉虫色」って、政治家なんかが、
御都合主義の意見を述べたときに、
マスコミが記事で「玉虫色の解決案」
などと揶揄して使ったりしますよね。

ビーチを歩く観光客

曇りだったため海の色はイマイチでした

ネガティブなイメージもあります。

でも、本来は自然が奏でる神聖で
微妙な変化を形容してるんですね。

米原ビーチは、そんな「玉虫色」の
本来持っている言葉の意味を実感
させてくれたのです!

3月下旬の沖縄の気温は、27〜28度
半ばまで上がったりもします。

透明度の高い海

透明度の高い海

手前に流木があるビーチ風景

ビーチの写真は流木などを入れるとキマります!

でも、海の中はまだ冬を引きづって
いる感じなんですね。

水温はあまり高くないんです!
足を水に浸すと冷たい。

泳ぐには、ウェットスーツを着た
ほうがよさそうですよ〜♪

シーサーパーク

巨大シーサー

「米原ビーチのすぐそばに、シーサー
のオブジェがたくさん展示されている
場所があるから行ってみたら!」

宿のスタッフ、ヒロさんからそう
告げられ、しばらく米原ビーチで
過ごしたあとに行ってみることに
しました。

巨大シーサー

目玉のお化けのようなシーサー

目玉のお化けのようなシーサー

三輪車に乗ってるシーサー

三輪車に乗ってますね♪

池もある整備された公園には、
大きなたくさんのコンクリート製
オブジェが建っているんですね。

美術館の野外彫刻作品のように、

「さわってはいけません」

などと、接触を禁ずるような看板
はなく、親と一緒に来た子供たち
は登ったりして遊んでいましたよ。

赤塚まんが風シーサー

赤塚まんが風シーサー

池を取り巻くシーサーたち

池を取り巻くシーサーたち

巨大シーサーは、著名アーティスト
たちの作風を彷彿させるものも点在。

レジェ風あり、ルドンのような
目ん玉みたいなもの、ミロ風の
有機的な動きを感じさせるもの。

デュビュッフェのようなカラフル
な立体パズル風のものまでさまざま♪

池ではしゃぐシーサー

池ではしゃぐシーサー

トーテムポールのような、
10メートル以上ありそうなものまで
ありましたよ〜

*クイズの答え

2.両方ある

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする