スポンサーリンク

ゲストハウス かふぅ村!家族が経営するまったり宿

かふぅ村の外観

かふぅ村は瀬底島のほぼ中央にあります

ゲストハウス「かふぅ村」は、家族経営
のほっこりくつろげる宿!

ボランちゅの沖縄一人旅。

最初は八重山から、そして、宮古島や
久米島などの離島を巡りました。

一通り回ったあとに、次は本島の北部
(やんばる)に行きたくなったんですね。

記念撮影用立て看板

記念撮影用立て看板

そこで、離島なんだけど、本島から
橋でつながっている瀬底島に行って
みようと、ネットで宿を探しました。

そのときに見つけたのが、
「かふぅ村」だったんです!

公式HPのトップに、バラックのような
建物の前で人がくつろいでいる写真が
載っていました。

瀬底島の景色

瀬底島には高い建物がないので空が広い!

その、ちょっとワイルドな雰囲気が気に
なって泊まってみることにしたんですね。

それから2年経って、今回再度訪れて
みることにしました。

瀬底島でまったりしたい人に
おすすめの宿の紹介です♪

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

「かふぅ村」の「かふぅ」とは、
沖縄のことば。

どんな意味なんでしょうか?

3択です!

1)カフェ
2)家族
3)感謝

スポンサーリンク

ゲストハウス「かふぅ村」の特徴は?

2段ベッドじゃない独特のドミトリー!

沖縄独特の紅型柄個室カーテン

沖縄独特の紅型柄個室カーテン

ゲストハウスのドミトリーって、
たいがい2段ベッドですよね。

最近は、ボックス型やキャビン型など、
四方を壁で囲んで、プライベート感や
設備重視のタイプが増えています。

でも、どんなに工夫したとしても、
2段になってるのは変わりありません。

日の当たる個室

カーテンを閉めれば日の当たる個室!

ドミトリーのツラいところは、天井が低く
寝るときに屈む必要があるところ。

ときどき、頭を打っちゃうんですw(笑)

でも、「かふぅ村」はちょっと変わってます。
ベッドの上にはベッドがありません。

入り口にかかってるカーテンを開けると
小さな個室になっています。

体をかがめる必要もなく、
頭も打つ心配もありません♪

窓の上の収納ボックス

窓の上には収納ボックスがあります

窓の上には、飛行機にあるような、
ボックスの収納スペースがあります。

鍵もかかります。

床の下にはバッグが収納できる空間も
確保されているんですよ♪

絶えず変化し続ける宿

リビンングの窓から見た工事中の風景

こんな感じで工事が続いています

「かふぅ村」は、移住して来たご夫婦と
男の子の3人家族で経営。

オーナーのコクボさん、手作り宿です。

さまざまな工作機械や道具が揃っていて、
敷地内には小型のユンボまであるという
凝りようなんですよ!

そして、最初に来たときにはなくて、
今回増えていたものがありましたよ。

寝転んで星を観察できる屋上の板敷き。

左が新築中の建物

左が新築中の建物

そして、家族の家とゲストルームの間に
建設している建物。

これは、新たなバス・トイレとランドリー
スペース、そして、事務所を兼ねた場所
になるんだそうです。

オーナーは、頭にタオルを巻いて一日中
何らかの建築作業に精を出しています!

そういえば、ガウディの代表的建築物、
「サグラダ・ファミリア」も、かなりの
長い期間、建設中ですよね!

同じように、この宿も完成したときの
全体像はよくわかりません。

「もしかしたら完成しなくて、このまま
ずっと変化し続けるんじゃないか?」

そんな気もしちゃいますね!

オーナーは、自らを「瀬底のガウディ!」
と言ってましたよ(笑)〜♪

くつろげる雰囲気がある!

リビングルーム

リビングルーム

キッチン

料理がしっかり作れるキッチン

「かふぅ村」。

宿名に、「村」がついています。

これ、まんざら大げさではないんです。

「かふぅ村」の敷地面積はけっこう広くて、
フクギ並木にも囲まれています。

ほかの家は目に入りません。

宿の周りはフクギ並木

宿の周りはフクギ並木

かふぅ村の建物と周りの風景

宿は少し高台になっているので風景が見渡せます

けっこうおしゃれなんだけど、
窓の外を見たらすぐに隣の家!

ゲストハウスや民宿はそんなところ
もたくさんあるんですね。

その点、「かふぅ村」は、全体的に
広くてゆったりしていますよ。

解放感があるんですね〜♪

民泊を受け入れています

民泊で来た生徒たちの写真や寄せ書き

民泊で来た生徒たちの写真や寄せ書き

実はこの宿、最初に行ったときに気に
入ったため、翌年の10月にも予約しようと
したんですね。

そしたら、空いている日がなかなか
なくて、泊まれなかったんです。

その理由は、全国からの高校生のための
民泊を受け入れているからなんですね〜。

壁には高校生らが泊まったときの
はしゃいだりしてる笑顔溢れる写真や、
オーナー家族への感謝の寄せ書きなど
がびっしり貼られています♪

民泊で来た生徒たちの写真

民泊で来た生徒たちの写真

かふぅ村は民泊がメインのようです。

聞いてみたところ、民泊が入らなくて
すんなり予約できるのは、夏の7〜8月。

それと、冬の間のようです。

ですから、それ以外の日で泊まってみたい
場合、あらかじめ埋まってない日をメール
か電話で聴いておいたほうがいいですね。

民泊とぶつからないように、早めに予約
しておくことをおすすめします♪

夏は、沖縄の海がキラキラと美しく輝く
ベストシーズン!

リーズナブルでアットホームな宿です。

瀬底島をじっくり観たり感じたい人は、
ぜひ1度泊まってみてくださいね♪

ボランちゅの【まとめ】!

宿の門柱とフクギ並木

シーサーが睨みを効かせています

「かふぅ村」にもう少し泊まって、瀬底島
を満喫したかったんです。

でも、翌日から民泊の予定が入っていて
5泊してチェックアウト!

その後、瀬底大橋近くの海が見えるホテル、
「コンドミニアム瀬底」に宿泊ました。

宿泊代は、4千円ちょい。

1泊2〜3千円の、ゲストハウスがメインの
ボランちゅにしては奮発しました。(笑)

窓から見たアンチ浜の海

窓からアンチ浜の海が見渡せます

コンパクトなワンルーム

部屋からずっと海を眺めているのもいい♪

まあ、そうはいっても、窓から海が見える
気持ちのいいワンルームが、この値段。

「格安」と言ってもいいんじゃないでしょうか?

部屋の中に、シャワー、トイレ、洗面台、
冷蔵庫、テレビ、デスクが整ったミニマルで
シンプルな個室なんですよ。

誰にもじゃまされずに、ゆっくり一人で
過ごしたい人におすすめしちゃいます♪

でも、「かふぅ村」に泊まったあとのせい
でしょうか?

なんとなく味気なさを感じてしまったんです。

かふぅ村の外観

かふぅ村の外観

「かふぅ村」は、大企業が経営している
ようなホテルではありません。

沖縄に移住した家族の飾り気がない生活
をそのまま垣間見ることができるんです。

親戚の家にでも遊びに行ったような
アットホームな雰囲気の宿なんですね!

なにしろ、ゲストがいる居間にオーナー
の子供が走りまわっていますから(笑)

それでも気にならない。

かえってそんな飾らない生活や雰囲気に
触れてみたい!

そんな人におすすめします♪

*クイズの答え:3)感謝

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする