スポンサーリンク

ラナイホステル体験記!那覇のおしゃれな宿に泊まってみた

リビングルームとキッチン

ちょっとリッチな気分になれるリビング♪

那覇の「ラナイホステル」は
おしゃれなゲストハウスです!

その日、ボランちゅは沖縄に行く
2、3ヶ月前になると必ず行う恒例の
宿探しに夢中になっていました!

毎回、滞在する地域や島は変わります。

でも、ここのところ、沖縄に着いた初日
と最後の3日間、滞在の初めと終わりは
那覇に泊まることが多いんですね。

受付カウンター

外国の映画にでも出てきそうな受付カウンター

今まで那覇では、昔からのバックパッカー
に人気のゲストハウスを中心に泊まり
歩いて来ました。

最近は、従来の2段ベッドを置いただけ
のドミトリーから、カプセルホテルのよう
にプライベート空間重視のキャビン形式の
新しい宿が増えています。

清潔感があり、デザインもシンプル。

1泊、2〜3千円ですから、泊まるだけと
考えればコストパフォーマンスは抜群!

快適に過ごすことができますよ。

夜が更けるのも忘れて、ウェブサイトを
次々に観て回っていました。

そしたら、まるでプチホテルのような
おしゃれなホステルが載っているサイト
が目に入りました!

レコードプレイヤー

懐かしいレコードプレイヤーもあります

ゆったりとしたソファ、スポットライト、
カウンターキッチン、ロールカーテン付き
のベッドなど・・・。

公式サイトの写真を見ると、今までに
泊まったほかの宿に比べると、格段に
洒落た雰囲気なんですね♪

値段はドミトリーで、1泊3千円ちょい。

那覇では千円代のゲストハウスが多い
ボランちゅにとっては少し高め。

しかし、サイトの写真を眺めているうちに、
試しに泊まってみたい衝動に駆られて
しまったのです!

ボタンをポチッと押して予約。

5月の連休中、那覇に滞在したとき、
5泊してみた感想を書きますね!

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

「ラナイホステル」の「ラナイ」とは
どんな意味があるのでしょうか?

3択です!

1)ハワイ語で宿
2)ハワイ語で大型バルコニー
3)ハワイ諸島の1つの島

答えは、このページの最後を
ご覧くださいね

スポンサーリンク

ラナイホステルの特徴

このホステルを部屋ごとに見て
特徴を挙げてみることにしましょう。

リビング&キッチン

リビング&キッチン

まるで都会にあるおしゃれなマンション
のリビングキッチンのようですね。

家具の色彩は黒とモスグリーンで統一。

リビングに置かれた白と濃い赤のソファ
が引き立って見えますね。

このぶ厚いソファの座り心地、
とってもいいんですよ♪

壁に立て掛けられた昔のレコード

壁に立て掛けられた昔のレコード

壁際には70年代のロックのレコードが
無造作に立てかけられていました。

昔のロックミュージックが大好きな
ボランちゅは思わず反応!

なつかしい、フリートウッドマックの
アルバムを見つけたので、オーナーの
許可を得て曲をかけちゃいました♪

クラシックロックファンにとっては
嬉しい宿なんですね!

カウンターキッチン

インテリア雑誌に登場しそうですね♪

キッチンはカウンター式。

お皿や主だった調味料が揃っています。

食材を買ってくれば、こんなおしゃれな
キッチンで調理できちゃうんですね。

ボランちゅは滞在中は毎朝、家にいるとき
と同様に、目玉焼きとトーストを作って、
隣のダイニングテーブルで頂きました。

使った皿は、洗って水切りのカゴに立て
かけておけば、宿のスタッフが後で片付
けてくれます。

ゲストハウスは、洗ったあと、布巾で
拭いて棚に戻さなければならないところ
も多く、洗うだけで済むのでラクですね♪

ドミトリールーム

ドミトリー

ドミトリーもシンプルでおしゃれです!

この宿は個室もあります。
でも値段は、4~5千円します。

5泊するので、節約のためリーズナブル
なドミトリーに泊まることにしました。

エントランス同様、ドミトリールームの
ドアは毎日変わる暗証番号を入力して
開閉するシステム。

チェックインの時に、宿泊日数分の
暗証番号を書いたメモを渡されます。

ボランちゅは、ついその紙を部屋に
置いて出て来てしまい、フロントで聞く
ハメになっちゃいました。

そんなことにならないためにも、メモは
財布の中にでも入れて、肌身離さず
持ち歩くことをおすすめします!

ドア際のフットライト

ドア際のフットライト

部屋の中から歩いてドアに向かって立つと
フットライトの光がホワッと放たれます。

センサーライトになってるんですね。

これは、夜間、真っ暗な部屋の中から
外へ出たいときに、自然にドアを照らして
くれたので便利でしたよ♪

そして、バス&トイレも同様ですが、
部屋のかたちがユニークなんです。

トイレの正面のタイル壁は斜めなんです

正面のタイル壁は斜めになってるんです

家の部屋割りは四角で区切るのが普通。

でもここは、上から見ると少し斜めに
なっている壁もあるんです。

四角四面の硬い空間に変化がもたらされ、
柔らかな印象を作ることに成功してますね。

ベッドは低反発マットレスが
敷いてありましたね。

ドミトリー

白く塗ったベッドと塗ってないベッド

寝心地はよかったですよ♪

カーテンは、レールが付いているもの
ではなくて、ロールカーテン。

閉めると、ちょっと狭いですが個室状態。
プライベートな空間としても使えますね!

パウダールーム

パウダールーム

フェミニンな雰囲気ですね〜

この宿には、洗面所とは別におしゃれな
女性用パウダールームがあります。

ボランちゅは化粧はしないため、残念
ながら使わずに終わっちゃいました。

誰もいないときに外からちょこっと
写真を撮らせてもらったんですね。

洗面所

洗面所

女性用の洗面所はトイレと同様、淡い
ピンクで彩られていますよ♪

女性のみなさんにとっては、とっても
嬉しくなる施設じゃないでしょうか?

ボランちゅの「まとめ」!

ラナイホステルのエントランス

エントランスのライティングがおしゃれ♪

那覇のゲストハウスの多くは、公設市場の
周りや国際通り沿いに点在しています。

新しい綺麗な宿も次々に出来てますよ!

一方、沖縄を訪れる観光客は年々増えて
いるのにもかかわらず、残念ながら閉めて
しまう宿も見かけます。

「ボロいけど安い!」

そんな昔のゲストハウスのイメージは
そろそろ消えかけているようです。

その代わり、

「おしゃれだけど格安!」

そんな宿が好まれる時代に変化している
ようですね。

那覇でおしゃれな宿に泊まりたい!

そんなあなたは、1度、「ラナイホステル」に
泊まってみるというのはいかがでしょうか!

*クイズの答え:
3)ハワイ諸島の1つの島

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする