スポンサーリンク

西表島 モンスーン!ハンモックと馬がいる宿

ハンモックがたくさんあるテラス

ハンモックがたくさんあるテラス

伊良部島にある「カサ・デ・アマカ」
は、ハンモックで寝るゲストハウス。

ボランちゅは、アマカに泊まって以来、
ハンモックにハマりました!

沖縄の宿を探すときも、ハンモックが
あるかどうかは、けっこう気にする
チェック項目。

「モンスーン」の標識看板

「モンスーン」の標識看板

だから、西表島の「モンスーン」のHP
の写真を見たときは嬉しかったですね〜♪

テラスには数多くのハンモックが
ぶら下がっています。

屋外デッキも気持ちいい!

屋外デッキも気持ちいい!

庭から見たテラス

庭から見たテラス

広い庭のリラックススペースには
東屋があって、ハンモックが4つ。

柱に縛り付けられて浮いていたのです。

それ以来、「絶対にここへ行くゾ!」
と心に決めて今回実現しました♪

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

西表島といえば、国の特別天然記念物
「イリオモテヤマネコ」が有名ですね。

しかし、絶滅危惧種に指定されています。

現在、どのくらい生息していると
言われているでしょうか?

3択です!

1)約100頭
2)約200頭
3)約300頭

スポンサーリンク

「モンスーン」は見晴らし抜群の宿♪

宿の庭からは絶景が見られます!

宿の庭からは絶景が見られます!

西表島の上原港に着いて、宿のオーナー
に車で迎えに来てもらいました。

5分ほどで「モンスーン」に到着!

ここは、海が見渡せる高台。
民宿がいくつかありますね。

宿の入り口付近

宿の入り口付近

馬舎の中にいる馬

馬舎の中にいる馬

まず、広い庭が目を奪いました。

馬が2頭、馬舎の中で所在なさそうに
うろついています。

あいにくの曇り空。
天候は冴えません。

庭にはたくさんの花も咲いています

庭にはたくさんの花も咲いています

それでも、空や海を見渡せるこの広い庭。

ボランちゅが泊まり歩いたたくさんの宿の
中でもトップクラスに入る魅力溢れる空間
だと言えますよ〜♪

「モンスーン」は、ハンモック天国♪

テラスのハンモックでくつろぐ

テラスのハンモックでくつろぐ

沖縄ではハンモックがあるゲストハウス
や民宿はそれほど珍しくはありません。

でもたいがいは、1つか2つ、テラスや
庭に吊るしてあったり、自立式のものを
置いてある程度なんです。

ところが「モンスーン」は数が多い!

食事をとるリビングスペースの先が広い
テラスになっています。

東屋からの絶景

東屋からの絶景

東屋のハンモック

東屋のハンモック

そこに、合計8個ほど吊ってあるのを
確かめることができました。

揺れたときでもぶつからない程度の間隔
で、たくさんのハンモックが吊るされて
いるんですね♪

テラスには、天井や日よけがあります。

雨や日差しが強いときでもゆったり横に
なってくつろぐことができるんですね。

泊まった部屋

泊まった部屋

また最初のほうで書いたように、海を
見渡せる庭の東屋にも吊ってありますよ。

気分や天候によって使い分けることも
できちゃうんです。

まさに「ハンモック天国」とでも
言えるような宿なんですね♪

「モンスーン」は馬に癒される宿♪

馬

馬

馬舎に入っている馬たちは、昼間は庭に
放たれているんですね。

以前脱走したことがあるとのことで、
長い綱を付けられていました。

それで、何をしているのかというと、
ひたすら草を食んでいるんです。

野菜も作ってます!

野菜も作ってます!

庭一面に生えている丈の短い草はもちろん、
観賞用に植えられた50センチほどの植物も
バリバリ食べちゃってましたよ〜。

食欲旺盛な馬たち!

見てるだけで癒されますね♪

草を食む馬

草を食む馬

*クイズの答え:1)約100頭

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする