スポンサーリンク

渡嘉敷島のビーチ!絶景の慶良間ブルーと出会う!

阿波連ビーチ

阿波連ビーチ

とかしくビーチ

とかしくビーチ

日が落ちた阿波連ビーチでくつろぐ

日が落ちた阿波連ビーチでくつろぐ

渡嘉敷島といえば、「阿波連ビーチ」
が有名ですよね。

もうひとつ、勝るとも劣らない美しさ
を誇るビーチがあるのをご存知ですか?

それは、「とかしくビーチ」!

阿波連ビーチを見下ろす高さにある標識

阿波連ビーチを見下ろす高さにある標識

ボランちゅは、初めて渡嘉敷島に
行ったときは、とかしくビーチの
民宿に泊まり、今回は阿波連ビーチ横
のキャンプ場でテント泊しました。

渡嘉敷島の美しい2つのビーチ!
紹介しますね♪

照山展望台

照山展望台

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

慶良間諸島、有人の3島。

渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島の中で、
渡嘉敷島でたくさん見られる風景が
あります。

それはなんでしょうか?

3択です!

1)田んぼ
2)サトウキビ畑
3)ヤギ牧場

スポンサーリンク

渡嘉敷島の2つのビーチ

とかしくビーチ

とかしくビーチ

阿波連ビーチ

阿波連ビーチ

渡嘉敷島の2つのビーチの陸側は
山に囲まれていて、高い位置から
見下ろすことができます。

同じ慶良間諸島の座間味島と阿嘉島。
は、ビーチの前にデッキがあります。

展望台から眺めることもできます。

曇り空を飛ぶ飛行機

しかし、ビーチの端から端まで全体を
広く眺めるには、渡嘉敷島の誇るこの
2つのビーチのほうが勝りますね!

とかしくビーチ

絶景のとかしくビーチ

絶景のとかしくビーチ

とかしくビーチのアダン

青い海、白い砂浜、そして、緑のアダンの葉!

展望台から観たとかしくビーチ

展望台から観たとかしくビーチ

渡嘉敷島の港に着いて、宿の送迎車
やビーチへのシャトルバスに乗ると、
3分ほどで集落を抜けて山を登る坂道
に入ります。

山道を右にカーブしたところで、
右の窓から下に目を落とすと、
目が覚めるようなエメラルドグリーン
に輝く海が見えてくるんですね。

それが、「とかしくビーチ」です!

人が少なくゆったりできるビーチ

とかしくビーチでくつろぐ

とかしくビーチでくつろぐ

しかし、シャトルバスはこのビーチ
では止まらないんですね。

阿波連ビーチまでノンストップ。

だから、とかしくビーチへは寄らず、
阿波連ビーチだけで遊んで帰る旅行者
がほとんどになるのです。

つまり、とかしくビーチに訪れる人
は少なくなり、ゆったりと過ごすこと
ができるわけなんですね。

海を眺めながらくつろげる「渡嘉志久海岸公園」

渡嘉志久海岸公園

芝生が気持ちいい渡嘉志久海岸公園

とかしくビーチの砂浜の奥行きは
十分あります。

さらにその後ろには樹々が涼しい日陰
を作ってくれている芝生が植えられた
渡嘉志久海岸公園があるんですよ。

ここには2階建ての展望台が2つあり、
テーブルと長椅子も設置されています。

海岸公園の茂みの間から海を観る

海岸公園の茂みの間から海を観る

ボ〜っと海を眺めたり、まったり食事
や読書をすることができるんですね。

座っているのに疲れたら、公園の芝生
の上に寝転んでみてください。

ボランちゅは、ビーチへ行くとまず、
樹々や洞窟がつくる日陰を探して
うろつきます。

2階建のあずま屋展望台

2階建のあずま屋展望台

見つからないために、居場所を確保
しにくいビーチも少なくないんですね。

とかしくビーチでも、砂浜で日陰を
見つけようとしましたが、なかなか
見つかりません。

でも、展望台や芝生広場に行けば、
海が眺められる贅沢な広さの日陰が
かんたんに確保できちゃうんですね。

阿波連ビーチ

阿波連ビーチ

阿波連ビーチ入り口

阿波連ビーチの夕焼け

阿波連ビーチ

港からシャトルバスに乗って、15分
ほどで阿波連ビーチに到着!

とかしくビーチ同様、途中山道から、
美しいケラマブルーの海を臨むこと
ができます♪

グリーンの樹々とエメラルドグリーンの海

グリーンの樹々とエメラルドグリーンの海

家屋が少ないとかしくビーチに
比べて、ここにはまとまった集落が
あります。

ビーチ入り口にあるバー「bon voyage」

ビーチ入り口にあるバー「bon voyage」

日帰り客が大半ですが、民宿も多く、
マリンサービスや飲食店のバイトを
しながらしばらく滞在している人も
見かけますよ。

穴場ビーチもあります!

巨大な丸太が横たわる浜

こんな巨大な丸太!どこから流れて来たんでしょう?

ビーチ入り口を下りると、白い砂浜と
波が打ち寄せている海の境目が左右に
弧状に伸びています。

左端は港。右端は岩場です。

たくさんの筋が刻まれた岩

たくさんの筋が刻まれた岩

トンネル状になって向こうへ
抜けられる岩もあって、そこを
通ると、ゴツゴツした岩が集まった
小さなビーチがあらわれます。

小道がありますから、歩いて行くと
左手にクバンダキ展望台へ登る階段
が目に入ってきますよ。

クバンダキ展望台

展望台からの眺めもすばらしい♪

晴れた日の展望台からは、絶景の
ケラマブルーの海を眺めることが
できますよ♪

そして、展望台の右手にも、白い砂
に覆われた小さなビーチがあります。

草に覆われた小道を辿って行くと出ます。

穴場ビーチ

穴場ビーチ

穴場ビーチの岩陰に陣取りました

ちょっとわかりずらいので、ここまで
来る人はあまりいません。

「1人で海を見ながら
のんびりくつろぎたい!」

そんな人におすすめの場所ですね。♪

ボランちゅの【まとめ】!

ハイビスカスと家の門のシーサー

ハイビスカスと家の門のシーサー

散歩で見かけた民宿のテーブルと椅子

散歩で見かけた民宿のテーブルと椅子

とかしくビーチのカフェで食べた氷

とかしくビーチのカフェで食べた氷

最初に渡嘉敷島へ行くと、まず
阿波連ビーチに行って帰ってくる人
がほとんどだと思います。

日帰りだとちょっと忙しいですが、
泊まる場合は、とかしくビーチまで
足を伸ばしてみてください。

阿波連の集落で見つけた看板

阿波連の集落で見つけた看板

最初は山を登りますが、
あとは下りの坂道。

30分ほど歩けば着きます。

ゆったり落ち着ける雰囲気のビーチ
が待っていますよ。♪

*クイズの答え:1)田んぼ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする