スポンサーリンク

ホステルゲッカ宿泊体験!宮古島のおしゃれなゲストハウス

ホステルゲッカは、手作りのおしゃれな
ゲストハウス

個人経営の多いゲストハウス。

最近は大手企業がビル1棟まるまる買い
取って、ベッド数が100ぐらいある大型
ゲストハウスをつくる動きも活発。

そんな中、宮古島の繁華街、平良に新しく
登場したのが「ホステル ゲッカ」!

もともと名古屋でゲストハウスをやって
いたオーナーが宮古島に移り住んで
2階建ての古いビルを買い取りました。

一旦、スケルトン状態にして、一つ一つ
手作りでつくられた、女性が好みそうな
おしゃれな宿。

ボランちゅは、毎年、宮古島に行ってます。

しかし、すぐに来間島や伊良部島に移動
してしまいます。

宮古島に泊まることは稀なんです。

今回は、この気になるゲストハウスに
2泊してみた体験を書いてみました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

「ホステルゲッカ」のゲッカは「月下」。
では、月下美人とはなんでしょうか?

3択です!

1)サボテン科の常緑多肉植物
2)月の明かりの下だとどんな女性
も美人に見えること
3)月の明かりを浴びると美人になる
という古くからの言い伝え

答えは、このページの最後を
ご覧くださいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

「ホステル ゲッカ」の特徴

「ホステル ゲッカ」ってどんな宿なの?
項目別にまとめてみましたよ!

手作りのおしゃれな宿

この宿の最大の魅力は、なんといっても、
手作り感溢れる個性的な内装デザイン。

ボランちゅが特に目を惹いたのが階段。

ステップ部分の角はすべて丸く削られて
います。枠の部分を白、中央部分は黒で
塗り分けられているんですね。

これが空間のアクセントになって、1階
と2階を貫通する吹き抜けを独特な雰囲気
に仕立て上げているんですね。

階段を2階に上がったところには、
ハンモックチェアがぶら下がっています。

板が等間隔に間を空けて渡されて、打ち
付けられたただけのベンチは、床から中空
にはみ出しています。

そっと座ってみました。

直下は階段!
けっこう距離が離れていますよ。

半分空中に浮いたような錯覚を覚える
遊び心ある、ベンチなんです♪

2階にあるゲストルームに取り囲まれる
ように配置されている中央スペースには、
高さの低いソファと、それに合わせた
テーブルが置かれています。

本を読んだり、おしゃべりしたり、お茶
やお酒を飲むためのゆんたくスペース。

昼間はみんな出かけています。
仕事や本を読むのにぴったりですよ♪

ゆったりしたドミトリールーム

この宿には個室もあります。
ボランちゅは、ドミトリーを予約しました。

オーナーに案内されたのは、床に飾りの
模様が描かれた8畳ほどの部屋に2段ベッド
が1つだけ。

広々してます!

今までたくさんのドミトリーに泊まりました。

でも、たいがいの宿は1つの部屋に、
2段ベッドがいくつも置かれていました。

これほどゆったりしているドミトリーは稀。

しかも、今回この部屋に2泊しましたが、
ゲストはボランちゅ一人だけでした!

実質、個室を借りたのと同じことになった
ってことなんですね♪

のびのびと寝られましたよ!

店に迷ったらオーナーに聴いちゃおう!

受け付けカウンターの上には、宿周辺の
おすすめ飲食店マップが置いてありました。

ボランちゅが手元に置いて店を物色してると、
オーナーが声をかけてくれました。

実際どんな様子なのかを店ごとに詳しく
アドバイスしてくれたのです。

その中のひとつ、割烹「浜」に「ヤギ刺し」
を食べに行ってみることにしました。

ヤギ料理は食べようと思いつつ、ずっと
経験せずにいたのです。

はじめてのヤギ肉は、恐れていた臭みは
まったく感じません。

トロッとした生肉はとても美味しく、
この店にまた訪れたくなりましたよ♪

オーナーは、飲食店をガイドするためにも
毎晩いろいろな店を食べ歩いてるそうです。

宮古島の繁華街、平良。

行く店に迷ったら、広告費を払って載って
いる観光客相手の店ばかりのガイドブック
はとりあえず置いておきましょう!

地元の人もおすすめの美味しい店や、
雰囲気のいい店は、最初から、ゲッカの
オーナーに聴いちゃったほうが早そうですよ♪

部屋の防音と遮光には難アリ

部屋には、吹き抜けの空間に向いた窓が
あります。プラスチックの障子を張った
窓は持ち上げて、左右の棒にひっかければ
開けることができるようになっています。

夜になり、寝ようとしたときのことです。

この窓の障子部分から光が透けて入って
来てやけに明るいのです。

このままでは眠れません!

原因は、すぐそばの階段の壁に付いている
ライト!

このライトを消す必要があるのです。

しかし、スイッチはなんでこんなところに
あるんだろう?と、長身のボランちゅが
背伸びしても届かない位置にあリました。

悩んだ挙句、持って来たスリッパを
つかんで、先っぽで押してなんとか
消すことができたんですね。

もう一つ難点があります。

この部屋には、窓にもベッドにもカーテン
がないんですね!

遮光できないんです。

そして、足音などがちょっと響きやすい。

このあたりを改善してもらえれば、
より素敵な宿になりそうです♪

ボランちゅの「まとめ」!

「ホステル ゲッカ」は未完成!

ガウディのサグラダファミリアのように
その姿は少しずつ変化していますよ♪

1階は、ライブイベントもできるカフェ
になる予定で、ショップのかたちは大方
出来上がっていました。

未知の可能性を秘めたゲストハウス!

また、行ってみることにします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・

*クイズの答え:
1)サボテン科の常緑多肉植物

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする