スポンサーリンク

あやぐやーは満点に近い宿!伊良部島のゲストハウス体験

星空鑑賞で観た天の川

みんなで星空鑑賞へ!天の川クッキリ見えましたよ♪

「あやぐやー」は居心地バツグンの
ゲストハウス!

いつものように、次の沖縄旅で泊まる
ための新しい宿を予約サイトで探って
いたときのこと。

ランキングやブッキングサイトで
やたらに上位表示されている
ゲストハウスを見つけました。

リビングルーム

ゆったりしたソファがあるリビングルーム

そこで、公式サイトをチェック。

明るくカラフルで、ベッドのように
全身を横たえることができるソファ!

カラフルにペイントされた壁、港が
見渡せるベランダなど、居心地の
よさそうな雰囲気の写真が並んで
いました。

近所の漁師のおじさんから頂いた魚の刺身

近所の漁師のおじさんの差し入れの刺身を食す!

ホテルならともかく、室内がここまで
明るい印象のゲストハウスは、
ほとんど見たことがありません!

「あやぐやー」は、伊良部島。
北側の漁港佐良浜にあります。

毎年滞在しているゲストハウス、
「カサ・デ・アマカ」も伊良部島の
南側の国仲なんですね。

年代物のかき氷機で「マンゴー氷」を作る

年代物のかき氷機で「マンゴー氷」!

一つの島で宿を2ヶ所泊まり歩く
ことは稀です。

でもここは、ぜひ行ってみたいと思い、
「カサ・デ・アマカ」に滞在したあと、
泊まってみることにしたのです!

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

「あやぐやー」の「あやぐ」とは
どんな意味でしょうか?

3択です!

1)沖縄県宮古諸島の踊り
2)沖縄県宮古諸島の歌謡
3)沖縄県宮古諸島の漁師

スポンサーリンク

「あやぐやー」の特徴

玄関の廊下にあるカラフルな椅子

玄関の廊下にあるカラフルな椅子

ゲストハウス「あやぐやー」は、どんな
特徴があるのでしょうか?

いくつか挙げてみることにしますね!

カラフルで明るいインテリア

廃材で作られた壁面とドミトリーのドア

廃材で作られた壁面とドミトリーのドア

トイレとバスルーム

トイレとバスルーム

カラフルなバスルームのドア

カラフルなバスルームのドア

宿の外観は四角いコンクリートの家。
どこにでもあるような沖縄の民家です。

ところが内装は、すべてオーナーの
ヨシさんが時間をかけてリノベーション
したとのこと!

古い木材が白とモスグリーンのペンキ
でおしゃれにカラーリングされてます。

障子に描かれた娘さんの落書き

障子に描かれた娘さんの落書き

障子には娘さんの落書きがあったりと、
親しみやすくほのぼのしちゃいますよ♪

ドミトリーのベッドも手作り。

既製の二段ベッドよりも横幅が広く、
体が多少はみ出しても余裕ですね。

ドミトリーのベッド

ドミトリーのベッドです

シーツの色はベッドごとに違っていて
部屋全体がカラフルな印象。

遊びごころが溢れていますね♪

宿のどこを見回しても、明るくほんわか。
くつろぎやすい空間になってるんですね♪

ウェルカム三線

ウェルカム三線を弾くヨシさん

ウェルカム三線を弾くヨシさん!

チェックインしたあと、宿の中を一通り
案内してもらいました。

そして、オーナーのヨシさんは、やおら、
部屋の隅に立てかけてあった三線を
手にとって椅子に座わったのです!

「何か始まるのかな?」

と思ったら、なんと、

「ウェルカム三線演奏」なる、
ゲストのための歓迎儀式!

地元佐良浜民謡を披露してくれました。

ヨシさんは長野県出身。

那覇で5年ほど三線を勉強したそうです。

その後、夜のゆんたくにはたびたび顔を
出して興が乗ると演奏していましたよ♪

港の見えるテラス席

佐良浜港が見渡せるテラス

テラスからは佐良浜港が見渡せます!

この宿のHPを見たときに、特に惹かれた
1枚の写真があります。

それは、テラスにあるカウンター席!

佐良浜港と、まるでギリシアの海際にある
街の風景のような、傾斜地に建てられた
色とりどりの民家が見渡せるんです♪

ボランちゅは旅の間、午前中は仕事の
時間に充てることにしています。

テラスから見た傾斜地に建てられた民家

傾斜地に建てられた民家も眺められるんですよ!

だから、いい景色が見渡せる気持ちいい
スペースのある宿は大好き!

パソコン作業がはかどります。

残念ながらテラスには、コンセントは
ないんですね。

でも、リビングルームから延長コードを
使って、電気を取ることができました。

屋上から眺めた佐良浜港

屋上から眺めた佐良浜港

お昼近くになると、カウンターは、
強い日差しにすっぽり入っちゃいます。

明るすぎるし、暑いんですね。
そうなると、仕事にはなりません。

でも、それまでは快適ですよ♪

それ以降はリビングに移動して
仕事を続けることにしました。

ピンクとイエローに染まる空

ピンクとイエローに染まる空

また、テラスの左端には階段があって、
屋上へ登ることができます。

ここの用途は、主に洗濯物の干し場で、
椅子やサマーベッドも置かれています。

日が落ちる頃には、遠くの空や家々の壁
を染める夕焼け鑑賞をたのしめました♪

「ネスカフェ・ドルチェ・グスト」と泡盛飲み放題!

「ネスカフェ・ドルチェ・グスト」

「ネスカフェ・ドルチェ・グスト」

最初に説明を受けたときに
驚いたことがあるんです!

カプセルをセットすればすぐに美味しい
コーヒーが飲める、コーヒーメーカー、

「ネスカフェ・ドルチェ・グスト」が
無料で飲めることでした!

しかも、飲み放題なんです♪

また、冷水器の横には大きな瓶があって、
泡盛がなみなみと入っていました。

台所

台所です!

なんと、こちらも飲み放題!

インスタントコーヒーや、泡盛が一瓶
置いてあって無料で飲める宿はあります。

でも、カプセルコーヒーと泡盛がどっちも
無料の宿ははじめてですね!

サービス満点ですね♪

ボランちゅの「まとめ」!

バスルームにある幾何形状のミラー

バスルームにある幾何形状のミラー

いいとこだらけの「あやぐやー」!

残念なところはないのでしょうか?

あえて書くとしたら、宿のロケーション
になるかもしれません。

渡口の浜や佐和田の浜、中之島など、
遊べるビーチは、伊良部島の南側や
隣の下地島に集中しているんです。

「あやぐやー」がある佐良浜からは、
車がないと移動しにくいんですね。

それと、ランチは、港にできた
「おーばんまい食堂」で食べられます。

ドミトリーの荷物置き場

ゆったりした荷物置き場もあります

でも、晩御飯を食べられるところが
近くに見当たらないことですかね。

佐良浜には、飲み屋やスナックが数件
ある程度なんです。

ボランちゅは、「あやぐやー」にいる間、
ほとんど自炊してました。

外食派でレンタカーがない人や、車が
あっても、食事のときにお酒も飲みたい
となると、位置的にこの宿はちょっと
つらくなるかもしれませんね。

しかしそれを除けば、「あやぐやー」は
満点に限りなく近いといっても過言では
ないゲストハウスなんです♪

*クイズの答え:
2)沖縄県宮古諸島の歌謡

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする