スポンサーリンク

備瀬に宿泊したい!サンセットヒルなら絶景が見られます

サンセットヒル備瀬のテラスから眺める夕焼け

テラスから眺める夕焼け

備瀬の並木道と美ら海水族館!

この2つの人気スポット、どちらにも
歩いて行ける格安ゲストハウスがあります。

今回の沖縄滞在。
備瀬は2度目でした!

初めて行ったときに、フクギの並木道
と海の対比の美しさに感動!

「改めてじっくり散策してみたい!」

サンセットヒル備瀬の外観

壁には魚とタコの絵が描かれています

そんな思いから、改めて行ってみる
ことにしたのです。

グーグルマップで周辺の宿を調べて、
「サンセットヒル備瀬」に泊まることに
しました!

塩販売コーナー

塩販売コーナー

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

実は、「サンセットヒル備瀬」の
オーナーは、ゲストハウスのとなりに、
製塩工房も経営しているんです

その「塩」の名称はなんというでしょうか?

3択です!

1)あっちゃんの塩
2)備瀬の塩
3)雪塩

スポンサーリンク

備瀬で宿泊した「サンセットヒル」はどんな宿?

壁のロゴマーク

ロゴマークには伊江島のタッチューが組み込まれています

備瀬にはたくさんの宿があります。

おしゃれなペンションや、雰囲気抜群の
古民家宿など、泊まってみたい宿は
いくつかあります。

しかし、なるべく長く沖縄に滞在したい!

そんな、お金はできるだけセーブしたい
一人旅には、料金はちょっと高めの設定。

グーグルマップを、スクロールしたり拡大
しながら、いくつかの宿をピックアップ。

悩みながら絞り込んで行って、
「サンセットヒル備瀬」に決めました!

フクギ並木や伊江島が見渡せる屋上がご機嫌!

屋上テラス

屋上テラス

サンセットヒル備瀬の特徴を1つ言えと
いわれたら、ボランちゅは迷わず、部屋の
上に作られた、

「屋上テラス」と答えますね!

宿から歩いて行けるフクギ並木はもちろん、
海の向こうには、堂々とそびえ立つ、
伊江島のタッチューを臨めるんです。

屋上からの眺め

屋上から備瀬の海と伊江島が眺められます!

そして、宿の名前にもなっているように、
ここからの、オレンジやピンクに染まる
夕焼けが見ものなんですよ♪

ボランちゅは初めて泊まる宿に着くと、
まず、施設を一通り見て回ります。

そして、1番落ち着けそうな場所を
見つけておくんですね!

屋上テラスの猫

宿で飼ってる猫がやたらにすり寄ってきましたw

宿で空いた時間には、そこでゆったり
過ごすことにしているんです。

それは、「サンセットヒル備瀬」では、
この屋上でした。

この宿は、予約サイト 「Booking.com」
で、朝食付き格安料金で予約。

朝は、このテラスに上がって、朝日を
浴びながら気持ちよく朝食をいただく
ことができたんですよ♪

紙パックに入った朝食

紙パックに入った朝食

海は宿の西側に見えます。

東から太陽が上がって来ますから、椅子
に座ると後ろから陽が当たり出します。

そうすると、朝食をいただくテーブルの
上は眩しくなっちゃうんですね!

そこで、後ろのテーブルの真ん中に
付いているパラソルを広げました。

テラスで観た夕焼け

夕焼けを観ながらのワイン。至福のひととき

テーブルの上にその影がかかるように
したんですね。

夕方は、美ら海水族館に行く途中にある
コンビニで買って来たワインを、夕焼けを
眺めながらチビリチビリと・・・

この宿ならではの楽しみ方を試しました。

気持ちよく酔えましたよ♪

オーナー夫婦の気遣いがいい

宿の入り口付近

宿の入り口付近

備瀬へは与論島に行ったあと、フェリーで
本部港に戻り、バスで行くつもりでした。

でも、宿から予約の件で電話がかかって
きたときに、送迎も可能だと言われたのです。

そこで、本部港まで迎えに来てもらいました。

本部半島のバス便の本数はそんなに
頻繁にあるわけではありません。

バス停「高良原」

最寄りのバス停は「高良原」

これは助かりましたね♪

そのほか、買い物をするために、美ら海
水族館近くのコンビニまで歩いているとき、

ちょうどオーナーの奥さんが車で通りがかり、
ピックアップしてくれたんですね。

宿で顔を合わせると、やさしく微笑んで
声をかけてくれたりと、滞在中、何かと
気遣ってくれました。

シャワー室とトイレ

シャワー室とトイレ

シャワー室

シャワー室

ここまで読んで、もしかしたら、あなたは、

「ゲストハウスなんだから、スタッフがゲスト
を気遣うのは当たり前なんじゃないの?」

そう思うかもしれません。

しかし、受付でお金払って、一通り説明
をすると、あとは、すべてほったらかし!

実は、そんな宿のほうが多いんですよ。

充実した朝食

紙パックに入った朝食

ホットドック2本はうれしいですね〜

ゲストハウスに付いてる朝食は、
たいがいオマケみたいなものです。

コーヒーとトースト、あとは、ゆで卵が
付いているかいないかの程度。

正直、「サンセットヒル備瀬」でも、
期待はしてませんでした。

でも、いい意味で裏切られたんですね。

ソーセージや野菜を挟んだホットドック
が2本と、ポテトサラダが、紙のランチ
パックに入って出てきたんです。

あと、紙パックのフルーツジュースが
付いていましたよ。

コーヒー販売機

コーヒー販売機

給水機

給水機

コーヒーを飲まないと朝が始まらない!

そんなボランちゅにとって、コーヒーも
付けて欲しいところでした。

まあ、共有スペースに行けば、100円で
飲める自動コーヒーサーバーが置いて
あります。

付ける必要を感じなかったってこと
なんでしょうね。

もし、美味しいストレートコーヒーが、
付いていたりしたら、申し分のない
朝食でしたよ♪

共有スペースに工夫が欲しい

共有スペースからの眺め

共有スペースからの眺め。柵がザンネン

ほかのゲストたちは、共有スペースで
朝食をとっていました。

共有スペースの壁には、プロ野球、
日本ハムファイターズの選手たちの
サイン入り色紙がビッシリ貼られています。

共有スペースに貼られた、日本ハムファイターズ選手のサイン色紙

ファイターズファンにはたまらないかも!

ファイターズのカレンダー

ファイターズのカレンダー

ここは、ドミトリーと屋上を除くと唯一の
共有スペース。

でも、これが、ただテーブルが並んでいる
だけの部屋。

ちょっと、味気なかったかな〜

改善して欲しい点は、ゲスト同士が自然に
交流したくなるような、なにかしらの工夫が
欲しいところですね。

ボランちゅの「まとめ」!

ドミトリーのベッド

ドミトリーのベッド

ドミトリー

ドミトリー

ボランちゅが考える、理想的な沖縄の
ゲストハウスがあります!

窓から海が見えて、気が向いたときに、
すぐにビーチに行ける場所にある。

共有リビングには、ゆったりできる
背もたれ椅子と、ハンモック!

気さくなオーナーがいて、人が自然に
集まってくる!

そんな、楽しい雰囲気が漂っていて
リラックスできる宿です!

屋上への階段

屋上へは階段で上がります

「サンセットヒル備瀬」は、海際とまでは
いきませんが、階段で屋上に上がれば、
すばらしい風景を見ることができます。

鬱蒼と茂ったフクギの並木道や、夕日に
染まる空や海。伊江島とタッチューを
見渡すことができるんですよ♪

そして、なにより、沖縄を代表する
観光施設、美ら海水族館に歩いて行ける
距離にあるのが、うれしいですね。

道路から見た宿の外観

道路から見た宿の外観

話しかければ、オーナー夫婦は
やさしい笑顔で応えてくれます。

何かわからないことがあったら、
なんでも訊いてみてください!

備瀬での一人旅にはピッタリ!

おすすめできるゲストハウスですよ♪

*クイズの答え:1)あっちゃんの塩

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする