スポンサーリンク

お金を使わない旅をしたい!沖縄を格安でたのしむ方法

「旅行」

この2文字を見たり、テレビやラジオ、
友だちからこの言葉を聞いたときに、
反射的に、「お金がかかる!」

と思ってしまう人は少なくありません。

具体的に、「旅行」のどの部分にお金が
かかるのでしょうか?

生活の基本は、「衣」「食」「住」と
(い・しょく・じゅう)と、漢字3文字
で表現しますよね。

着るものと、食べるもの、そして、住む
ところです。

これに倣って、旅行するときのことを
考えてみましょう。

「移」「食」「宿」(い・しょく・じゅく)
に費用がかかることがわかります。

つまり、移動する費用と食事の費用、
そして、宿泊費用の3つなんですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

那覇のゆいレールには、乗り降り自由
の一日乗車券と二日乗車券があります。

一日乗車券は、800円。
二日乗車券はいくらでしょうか?

3択です!

1)1200円
2)1400円
3)1600円

答えは、このページの最後を
ご覧くださいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

お金を使わない旅の方法

〜移・食・宿 編〜

では、あまりお金を使わずにたのしく
旅行するためにはどうしたらいいので
しょうか?

まず、費用がかかる、「移動」「食事」
「宿泊」の3項目について、考えてみる
ことにしましょう!

安く「移動」するには?

沖縄まで移動するのには、飛行機か船
を使います。

まあ、ほとんどの人は飛行機でしょうね!

かつて、沖縄までの航空運賃は、片道
3万円以上かかるのが常識。

2005年にLCCの先駆け、スカイマーク
が、羽田〜那覇路線に就航。

東京から沖縄まで、片道1万円程度の
料金で行けるようになりました。

さらに、2012年には、ジェトスター
が、成田〜那覇線をスタート。

ここで、一挙に航空運賃は下がります!

現在では、ピーチや、バニラエアなど、
格安で行ける航空会社が増え、価格競争
も激化しています。

バーゲンセールチケットをゲットすれば、
東京や大阪から、3,000円台で沖縄まで
行くことができるんですよ♪

また、JALやANAに乗ってる人の中には、
買い物や公共料金の支払いは、すべて
マイルが貯まるコンビニなどを利用。

現金を使わずに旅行している人もいます。

ボランちゅは、マイルを貯めて沖縄旅行
に繰り返し来ている人にも出会いました♪

安く「食事」するには?

食事代を安く上げるコツは、極力外食
を控えることです!

レストランや食堂などの飲食店は
ボランティアではありません。

商売です。

収益を上げるために、値段はどうしても
高目の設定になってしまんですね。

できるだけ自炊することで、食事代は
グッと抑えることができるんですよ!

日本を訪れる外国人バックパッカーが
増えたせいもあり、キッチンが備わり
自炊ができる安宿は増えています。

料理が苦手な場合は、公設市場などで
惣菜やおにぎりを買いましょう!

地元の商店には、200〜300円出せば
買える惣菜も多く、下手に自炊するより
も安く上がる場合もありますよ♪

安く「宿泊」するには?

できるだけお金をかけずに泊まろうと
思ったら、野宿やキャンプです!

沖縄では、決められたキャンプ場以外
では、キャンプは禁止。

キャンプしたい場合はどこに行けば
キャンプ場があるのか、ちゃんと事前
に調べておきましょう!

沖縄の自然を満喫するには、海や森が
近くて、星空がよく見えるような場所
にテントを張るのが一番でしょうね♪

次に安く泊まれるのは、安宿!

ゲストハウスや民宿になります。

沖縄には、千円台から泊まれる格安の
宿がたくさんありますよ。

一人旅ばかりが集まる宿は交流が盛ん!

キッチンやリビングルームなどで旅行者
同士が気軽に話したり、一緒に食事も
できます。

一緒に買い物に出かけて、みんなで
作ってみるのもいいですね!

突然、安くてたのしい食事会や宴会を
開くことができまちゃいますよ♪

ゲストハウスの中には、各々調理して、
料理をシェア。全員でテーブルを囲んで
食事をするところもあります。

費用は自分の料理の材料費だけ!

ほかのゲストたちの料理も味わえ、
集まった人たちとの交流もできます。

たのしくないわけがありませんよね♪

お金を使わない旅の遊び方

〜遊び、アクティビティ編〜

沖縄には、沖縄ならではの観光地や、
体験したいアクティビティがたくさん
あります!

でも、いざ、行ったりやってみようと
思うと、けっこうお金がかかることが
わかるんですね。

そこで、お金をあまりかけずにたのしむ
いい方法はなにかないのか?

ボランちゅの経験から考えてみました♪

遊び仲間に加えてもらう

沖縄の人気ゲストハウスには、ひょっと
して住んでいるんじゃないかと思って
しまうほど、ちょくちょく訪れてくる
常連がいることがあります。

また、ゲストだったのにいつの間にか
ヘルパーになって住んでしまった人も
いるんですね!

彼ら、彼女らは、沖縄生活が長いので、
魚がたくさんいる、シュノーケリング
スポットや、ガイドブックには載って
いないような穴場観光スポットをよく
知っています。

宿に着いて、スタッフやゲストと話す
機会があれば、「よくわからないので、
遊びに行くときは、一緒に行きたい!」

そんなアピールをしちゃいましょう!

たとえば、シュノーケリングツアーに
参加しようとすると、半日でも、5千円
程度はかかります。

それが、宿のメンバーみんなで車に
乗って行けば、無料で行けちゃうって
わけなんですね!

マスクやライフジャケット、フィンを
借りたとしても千円程度で収まります。

宿では、最初からオープンマインドで、
みんなに明るく接してみてください!

快く仲間に加えてもらえるはずです。

お金はほとんど使わずに、たのしい
時間を過ごすことができますよ♪

なるべく歩いてみる

旅行は、行き帰りは当然ですが、
着いてからも、観光地を巡るために、
ずっと乗り物に乗りっぱなし状態に
なりがち!

クタクタに疲れて帰って来て、結局
お金だけ遣ってなんのために行ったのか
よくわからない。

そんなことにもなりかねません。

そこで、できるだけ乗り物には乗らず、
徒歩や自転車で移動してみましょう!

歩くことで、レンタカーやバスに乗って
いたのでは気がつかない道端の様子や
動物や植物を発見できます。

海や空も、のんびりゆっくり眺める
ことができるんですね♪

また、ヒッチハイクに挑戦してみるの
もおもしろいんじゃないでしょうか?

ボランちゅの「まとめ」!

沖縄に旅するときは、お金はあまり
遣わず出費を抑えることを考えて
みましょう!

その分、できるだけ長くいることを
おすすめします!

沖縄のゲストハウスには長期割引が
あるところが少なくないんですよ♪

1週間泊まると、1泊分安くなるとか、
1か月滞在すると、1泊料金×30では
なく、その総額の3分の2ほどの料金
になるなど。

長くいるほうが、一泊分の料金が
下がるお得な料金システムなんです。

そうすると、お金はそんなに持ってい
なくても、自由になる時間がたくさん
あるほうが、お得なんじゃない?

ってことにもなりますよね♪

お金があっても、仕事が忙しかったら
旅行に行くことはできません!

最初に書いたように、LCCの登場で
航空運賃は大幅に下がりました!

お金はそんなにたくさん必要ありません。

忙しいお金持ちになるより、行きたい
ときにふらっと旅立つことができる
「時間持ち」の旅人!

目指してみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

*クイズの答え:2)1400円

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする