スポンサーリンク

コンドイビーチの魅力とは?どんな楽しみ方があるのか

晴れた日のコンドイビーチ

晴れた日のコンドイビーチ!

「八重山諸島に行くんだけど、1か所だけ
ビーチに行くとしたらどこがいい?」

こんな質問をされたら、ボランちゅは、
ちょっと間を置いてから、

「コンドイビーチ」

と答えますね!

八重山諸島、いや、沖縄のビーチといえば、
日本最南端有人島、波照間島の「ニシ浜」
が人気!

確かに、ニシ浜は美しい!

「波照間ブルー」と呼ばれる美しい海が
延々と続いています。

コンドイビーチの大きな木

大きな木が影をつくってくれます

ただ、石垣島からちょっと遠いんです。

高速艇で1時間半かかり、しかも、
ハンパなく揺れるんです。

欠航も多く、旅行日程に余裕を持たせて
おかないと、行くのを断念したり、
行ったはいいが予定通り戻って来れない!

な〜んてことにもなりかねません。

カイジ浜

カイジ浜

その点、コンドイビーチがある竹富島は、
石垣島から高速艇で15分程度。

便数も多く、頻繁に船が出ています。

「ちょっと、行ってみようかな?」

そう思い立ったときにすぐに行くことが
できて、石垣島に帰って来れるんですね。

コンドイビーチと木のシルエット

木のシルエットが絵になります!

もちろん、海も美しいですよ♪
ニシ浜に引けを取りません。

そんな、コンドイビーチには
どんな魅力があるのか?

お伝えしますね!

ここで【ミナオシ島クイズ】です!

竹富島は竹富町に属しますが、
次のうち竹富町ではないのは
どの島でしょうか?

3択です!

1)波照間島
2)西表島
3)石垣島

スポンサーリンク

コンドイビーチの魅力

メチャクチャ遠浅の海

白い砂浜のコンドイビーチ

眺めるのもよし!海に入ってもよし!

コンドイビーチの海はとても遠浅!

ビーチから海へしばらく歩いて行っても
なかなか体が沈んでいきません。

宮古島の前浜ビーチと同じように、波が
穏やかで浅い水面が広がっています。

干潮時には、「幻の浜」と呼ばれる
こんもりした陸地が現れます。

歩いてでも渡れるんですよ♪

でも、人によっては、水の中はあまり
見ないほうがいいかもしれませんね。

ナマコがうじゃうじゃいますから…

変化に富んだ地形

コンドイビーチ

コンドイビーチの入り口

コンドイビーチの入り口

このビーチはけっこう長いんですね。

入り口近辺は、上から見ると突き出して
いるカタチ。でも、左手に目を移すと、
へこんで湾曲した浜が続いています。

実は、ココ、「星砂ビーチ」と呼ばれる
竹富島のもう1つの代表的なビーチ、
「カイジ浜」とつながってるんですね!

ですから、カイジ浜からコンドイビーチ
へ、海を眺めながら浜を歩けば着きます。

カイジ浜(星砂浜)

カイジ浜(星砂浜)

ボランちゅは最初に行ったときは、別々
のビーチだと思い、一旦道路に出て移動
していました。

2回目のときに、浜を歩いていくうちに
つながっているのを発見したんですね。

行って初めて気がつくことはたくさん
ありますよ!グーグルマップだけ観て
いてもわかりません。

大きな日陰をつくってくれる樹

コンドイビーチから見る、濃い島影の小浜島。その向こうは西表島

濃い島影は小浜島、その向こうが西表島

ビーチではほとんどなにもしないで寝転
んでるだけの、ボランちゅのような人に
とって、木陰はなによりも貴重な存在!

コンドイビーチには、広い木陰をつくって
くれる大きな樹が、カイジ浜との中間
あたりの位置に数本茂ってるんですよ♪

こんなに大きな樹が砂浜にあるビーチは
そうはありません。

木陰を探しても見つからないことも多く、
太陽光を遮ってくれる陰はたいてい、
人一人入れる程度のわずかな面積。

木の下でかがむことなく、立ち上がっても
枝がじゃまにならない大きな樹のある
ビーチはめずらしい存在なんですね!

コンドイビーチの過ごし方

コンドイビーチでは、どんな過ごし方を
するのがいいのでしょうか?

まったりくつろぐ

入口近辺の広い砂浜

入口近辺の広い砂浜

ギャオスのような樹根

一つ目小僧のような樹根

ギャオスvs一つ目小僧

すでに書いたように、コンドイビーチ
にはくつろぐのための木陰をつくって
くれるぴったりな樹があります。

横になってまったりするにはぴったりの
ビーチなんですね!

入り口近辺の売店では、ビーチベッドや
パラソルのレンタルがあります。

売店カー

売店カー!

借りてビーチでくつろぐこともできます。

でも、木陰のほうが気化熱で温度が下がる
ために、涼しく感じるんですね!

ですから、ビニールシートなどの敷物か
エアークッションを持って行けばOKです。

読書や昼寝をたっぷりたのしみましょう♪

シュノーケリング

コンドイビーチはかなりの遠浅。
でも、シュノーケリングもできますよ!

遠浅ということは、足が着かない深さ
よりも安全ということです。

シュノーケリングをやりたいけど、
泳げないので心配!

そんな人でも、安心して試すことが
できるんじゃないでしょうか?

やってみましょう!

ビーチを散歩

東屋から見たビーチ風景

東屋から見たビーチ風景

「幻の浜」もあらわれる、変化に富んだ
地形のコンドイビーチ!

カイジ浜まで歩いて行けます。

散歩がてら・・・

・カイジ浜で星砂を拾う

・場所を移動して海を眺めてみる

・さまざまな角度から写真を撮る

・軽くジョギングする

・ビーチにいる人たちのウォッチング

など、

気持ちを解放して、気の向くまま歩いたり
寝転んだりしてみてください!

ボランちゅの「まとめ」!

椅子にもなるビーチの流木

海の色は、お天気次第!

石垣島に一人旅。
ほかの離島には行く予定はない!

そんな人でも、竹富島のコンドイビーチ
だけは行ってみてくださいね!

離島ターミナルから、15分程度で到着。

石垣島の北部へドライブに行くよりも
よっぽど早く着きますから。

ハイビスカスの蜜を吸うすいっちょん

ハイビスカスの蜜を吸うすいっちょん

あまり見かけない黄色いハイビスカス

黄色いハイビスカスはあまり見かけません

そして、できれば忙しく動く回るのは
やめて、ビーチでのんびりしましょう!

このビーチは、何もしないでまったり
するのには最高な場所ですから♪

*クイズの答え:3)石垣島

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする