スポンサーリンク

小浜島のゲストハウス パナパナ!海の見えるテラスが最高

ゲストハウス パナパナのテラス

ずっと海を眺めていられるテラス

ボランちゅには、理想的な
ゲストハウスがあります。

それは・・・

1) 宿の目の前が海
2) 海を眺められる共有スペース
3) ハンモックがある

この3点を満たしている宿なんです!

スポンサーリンク

ゲストハウス パナパナを知ったきっかけ

宿の前の海にある桟橋

宿の前の海にある桟橋

行きたい島を決めて宿を探すとき、
まずは、この3つの条件に当てはまる宿
を探してみることにしてるんですね。

「〇〇島 宿」

でググって、「地図」タブをクリック!
グーグルマップをググッと拡大します。

エントランスにある「PaNaPaNa」と書かれた看板

エントランスです!

トカゲの置物

最初、ホンモノのトカゲかと思っちゃいました〜

そして、島の海岸線に沿って
スクロールして行くんですね。

気になる宿を見つけたら、HPや
ホテル予約サイトで詳細をチェック!

でも、実際にやってみるとわかりますが、
この3つの条件に当てはまる宿って
そう簡単には見つからないんですね〜

庭に咲いていた花

庭に咲いていた花

庭にはハイビスカスなど、色とりどりの花が咲いています

今回、八重山へ行くことは決めていました。

最初、西表島、竹富島、黒島で
未知の宿を物色してみました。

でも、ピンとくるゲストハウスは
見つかりません。

行く予定にはなってなかったのですが、
ふと、小浜島の地図が目に入りました。

海を眺められる庭でPCワーク

こんなところで仕事なんて最高だと思いませんか〜♪

島の西端にポツンと宿があるのを発見!

気になって、宿のHPを観てみました。

そしたら、これがまさに前述した
3つの条件を満たしてそうな宿、

ゲストハウス「パナパナ」だったんですね。

パナパナは海が見える最高のロケーション!

曇天の空と海

曇りの日はパステル調の風景に!

パナパナの庭

庭のガジュマルが陰をつくってくれます

小浜島の港で待っていた送迎車に
乗り込んで、途中商店に寄ってもらい
食糧を買い込んで、
「ゲストハウス パナパナ」に到着!

HPに載っていた写真通り、
宿の前には海が広がっていました〜♪

テラスのベンチに座って海を眺めるボランちゅ

この日は風が強く涼しかったので、短パンではなく長ズボンw

その向こうには、どっしりとした
貫禄を感じる、西表島の山並みが
見えますね〜

目と海の間を遮るほかの建物など
人工物はなにも見当たりません!

ガジュマルの樹とハンモック

ハンモックは枝から吊り下げられてます!これがいい感じに揺れるんですね〜

そして庭の中央にある、ハンモックが
吊られた大きなガジュマルの木は
非日常のリゾート感を高めてくれます♪

最高のロケーション!

まあ難をいうと、徒歩圏内に食堂とカフェ
はありますが、商店はありません。

無造作に置かれた家具が絵になっている近所の家の庭

近所の家の庭!無造作に置かれた家具が絵になってます♪

ヤギ

沖縄の離島では、たいていヤギを見かけますよ

宿に泊まるとき、弁当を買って来たり、
簡単な自炊がメインのボランちゅ。

食料を買える店が近くにないのは、
ちょっと困るポイントですかね〜

浜のもずくで作ったピラミッド

浜のもずくで作ったピラミッド

でも自然環境に恵まれているということは、
人工物が少ないということになります。

「自然の中でくつろぐために来ている
のだから多少の不便はあたりまえ」

ぐらいに思っておいたほうが
いいでしょうね。

パナパナのテラスは最高!

テラス

テラス

テラス

海を眺めながら、まったりできるテラス

パナパナは朝食付きです。

朝7:30近くになると、ゲストは各々、
客室からテラスにやって来ます。

テラスにある長テーブルや、いくつかの
小さな丸テーブルの中から好きな場所を
選んで朝食を頂きます。

朝食(和食)

朝食(和食)です!

1週間の滞在中、和食とコンチネンタル料理
(パンとサラダとヨーグルト、そしてコーヒー)
が1日置きにテーブルに並びました。

テラスは朝食のときと、あとは
晩にちょっとくつろぐために利用する
ゲストがいるぐらいです。

しかし、ボランちゅは、このテラスで
時間を過ごすことをお目当てでこの宿
を選んだようなものなんですね〜

猫

ニャンコの特等席

普段の生活どおり、午前中はテーブルに
座ったり横になったりして仕事や読書。

ときどき気分を変えるために、
庭にあるガジュマルの樹の下の
ハンモックに体を預けました。

庭のガジュマルとハンモック

ハンモックに寝転んでる脚

毎度お馴染みのリラックス写真

ユラユラ揺られながら、
本を読んだり昼寝をするのは
最高の気分ですね〜♪

滞在期間中は、強力でノロノロした台風が
沖縄の近くを通過していました!

だから、天気は冴えませんでした。
曇りの日がほとんどでしたね。

テラスから海を臨む

青空が覗けば気分は最高〜♪

残念ながら、リゾート雑誌によく
出てくるような、青い海と青い空!

そんな写真の風景にはなりませんでした。

それでも視界には、海と空、
花が咲く庭と宿の建物だけ。

ボランちゅセレクトの3つ星宿に認定です!

ゆったりできるバナパナの個室♪

洋室

1人には十分な広さ!

さて、部屋はどんな感じなのでしょうか?

レポートしますね。

パナパナには2つの棟があります。

海が正面に見える、バス・トイレ完備の
ハイクラスの部屋が3つある棟と、
テラスからスタッフルームを挟んで並ぶ、
バス・トイレ、キッチン共用の2部屋。

編笠が飾られているキッチンの壁

編笠が飾られているキッチンの壁

ダイニングキッチン

ダイニングテーブル

ダイニングキッチン

ダイニングキッチンは別の部屋のゲストが自炊しなければ独占状態♪

ボランちゅは、コスパ重視です!

後者の、値段が安いほうの部屋にしました。

洋室とアジアンルームがあります。

ラッキーなことに、両方の部屋に
泊まることができたんですね〜♪

シャワールーム

トイレ

バス&トイレの壁には、花や葉っぱの絵が描かれています

個室に入ったとき、「お!」っと、
ちょっと豪華な印象を受けたんです。

これまで泊まり歩いたゲストハウスは、
畳の部屋に小さな折り畳み机が1つだけ!
みたいな簡素な部屋がほとんどでした。

たいがい天井には蛍光灯やシーリングライト
が付いています。

間接照明を点けた部屋

間接照明は気分を落ち着かせてくれますね

でも、ここにはありません。

部屋の角ごとに、デスク用スタンドや
編んだ竹を傘にした、おしゃれなライト
が3つほど付いているだけなんですね。

海外のホテルのような印象です。

以前、ボランちゅが泊まった海外の
ホテルは間接照明だけでした。

デスクライト

デスクライト

すべての電灯を点けても、

「ちょっと暗いな〜」

と思うところが多かったんですね。

普段、夜でも明るい部屋での生活を
していて、突然こういう間接照明だけ
の部屋に来ると、

竹編のライトシェード

竹編のライトシェード

「あれ?暗いな〜」

などと思ってしまうんですね。

でも、リラックスしたいときは、
このぐらいの明るさのほうが気持ちが
落ち着くものなんです。

夜間、部屋でデスクワークをしたい方は、
折り畳み式の携帯ライトなどを持参して
くださいね。

ボランちゅのまとめ

ビーチで作ったアート作品

ビーチで作ったアート作品「6本足の牛」

ボランちゅは、理想的なゲストハウス
の3つの条件を冒頭に書きました。

パナパナはすべての条件に当てはまる
まさに理想的な宿でしたね♪

「3つの条件のうち、2つは同じ!」

そんなあなたは、ぜひ1度パナパナに
泊まってみてくださいね〜

ここでしか味わえない、とっておきの
空間と時間が待っていますから!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする